NEWS&BLOG

ルッカ・イタリア料理学院の最新ニュースや日々のことを配信中!

HOME > ルッカ・イタリア料理学院スタッフブログ > 暑い日に食べたい!グラニータ

暑い日に食べたい!グラニータ

2022.08.12 金

今年は梅雨明けも早かったこともあり、もう2ヶ月以上暑い日が続いていますね。
熱中症などにも気をつけながら、元気に夏を乗り切りたいものです。

今回のコラムでは、夏にぴったりなイタリアの冷たいお菓子 グラニータをご紹介します。

イタリア料理にご興味のある方、料理人の皆様などご専門の方はご存知かもしれませんが、グラニータは、イタリアのシチリア発祥の氷菓子です。
名前の由来は、イタリア語で「粒状にする」という意味の「granire グラニーレ」からきていると言われています。

その名前の通り、粒が荒いのが特徴で、シャリシャリとした食感を楽しむことができます。
かき氷と同じ氷菓子なので、イタリア版かき氷とも言えますね♪

グラニータが誕生したのは、9世紀ごろとされています。
当時のシチリア島はアラブ人によって占領され、島にはレモンやサトウキビが持ち込まれるようになりました。

そのような状況の中、アラブ人はエトナ山の雪に目をつけて、シャーベットを作り始めたと言われています。

1000年以上も前に生まれた大変歴史のあるお菓子で、
今でもシチリアをはじめ、イタリア全土で親しまれています。

フレーバーは、レモンやオレンジやイチゴ、桃といったフルーツや、ミントやコーヒー、ピスタチオなどのナッツに至るまで、本当にさまざまな味を楽しむことができます!

私もイタリアに滞在した際、レモンのグラニータを食べたのですが、さっぱりしていてとても美味しかったです♪

グラニータは、そのまま食べるという方法以外にも、ブリオッシュに挟んで食べるという食べ方もあります!

半分に切ったブリオッシュにグラニータを挟んで食べるのがシチリア流だとか。

夏の暑い時期の朝食としても親しまれているそうです。
イタリアに行かれた際には、ぜひご賞味ください!

ではここで、グラニータの作り方をご紹介します。
材料は、レモン果汁、水、グラニュー糖の3つです!

1、鍋で水200グラムを沸騰させ、グラニュー糖100グラムを加えてよく溶かしてシロップを作ります。グラニュー糖が全て溶けたら火を止め、冷まします。

2、1で作ったシロップと、レモン果汁200グラムを平たい容器に入れて混ぜ合わせ、冷凍庫に入れて凍らせます。

3、凍ったものをフォークなどで砕きます。一回でも大丈夫ですが、砕く→凍らせるという工程を2から3回ほど繰り返すと、ちょうど良い柔らかさになり、美味しく仕上がります。

上記はレモンのグラニータのレシピですが、
レモン以外の果汁で置き換えて作ってみたり、凍らせた果肉をミキサーで細かくしたものを加えてみたりと、アレンジをしてみても楽しいかもしれません♪

お休みの日などに、お家で作ってみてはいかがでしょうか。

8月の本科コースご参加の皆様のご出発もいよいよ近づいてきました。
暑い日が続いていますが、甘くて冷たいグラニータを食べて、日本の夏を楽しく乗り切れるといいですね♪

Novità

新着情報

2022年8月出発の皆様がルッカに到着され、第60期の本科コースがスタートしました!現地からのレポートも随時お届けしていきます。

現在、2023年3月・8月の本科コースを受付中です。既にご希望いただいている方が多数いらっしゃいますので、ご検討中の方はお早めにお問合せください。

学校説明&留学相談会

東京/大阪/オンラインで開催

東京 毎日開催
オンライン相談 毎日開催
大阪 次回日程調整中

留学体験談

2021.05.19 水

現在当学院に在学中の永井隆斗さん(20代男性)にインタビューしました! 永井さんは元々2020年春に出発予定でしたが、コロナ直撃で出発を延期。 20 …

NEWS&Blog

2022.09.23 金

今週の本科コースは、Alvaro Bartoliシェフによるレッスン。 レモンのメレンゲタルトが出来ました♪ 🍮Buon inizio di setti …