イタリア料理留学なら、ルッカ・イタリア料理学院。

03-4400-9878
【本科問合せ】03-6261-2341

イタリア料理留学体験談

留学を経験した人たちそれぞれに物語があります。何がきっかけでイタリア留学を決意したのか?イタリアで何を獲得することができたのか?先輩たちからのメッセージです!

”ヴェッキオ・コンベンティーノ”

32期、35期生 湯浅克也、彩子 Vecchio Conventino

”ヴェッキオ・コンベンティーノ”

2015年2月に夫の克也さんと共に独立し、彩子さんの地元にVecchio Conventinoをオープン。 克也さんは、イタリア留学後、32期の同期生仲間4人(代表:青池隆明さん)と東銀座にイタリア料理店Da feliceを立ち上げ、シェフとして経験を積んだ。一方、妻の彩子さんは、介護の仕事を経て、28歳でイタリアへ留学。エミリア・ロマーニャにあるホテルレストラン『Al Vecchio Co …続きを読む


リストランテ・セレンデピコ (Ristorante Serendepico)

35期生 黒田正樹 リストランテ・セレンデピコ オーナーシェフ

リストランテ・セレンデピコ (Ristorante Serendepico)

2010年4月にルッカ料理学院に入学後、イタリア国内、ドバイで研鑽を積み、 2015年4月にイタリア・トスカーナ州・ルッカ市の隣町カパンノリ(Capannori)にリストランテ・セレンデピコをオープン。 リストランテには併設して宿泊施設があり宿泊も可能。 Ristorante Information 住所:Via della Chiesa di Gragnano、55010 …続きを読む


郷土愛、そして料理、食材への愛情こそがイタリア料理の原点

45-A期生 森川輝彦 イタリアンキッチン おりべ オーナーシェフ

郷土愛、そして料理、食材への愛情こそがイタリア料理の原点

留学して良かったこと、一番の思い出は何ですか? やはり、ジャンルーカシェフに出会えたことが留学して良かったことです。彼の料理に対して、人に対してのスタンスがとても尊敬でき、料理だけではなく、人生の目標ができました。 一番の思い出は、学校でできた沢山の友達です。多少言葉ができなくても、『料理』というキーワードを通して友達になることができました。同期の皆とのお別れは本当にさみしかったで …続きを読む


あの日々は一生の素敵な宝物。

瀧上美奈 37Kitchen(料理教室主宰)

あの日々は一生の素敵な宝物。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? 短期ながら滞在したことで、イタリアをとても好きになり親しみを感じるようになったこと。 講師の方や仲間のイタリア人とも交流できてグローバルな体験ができたこと。 一生のよき思い出です。 留学の経験は現在どのように役に立っていますか? 教室の生徒さんにイタリア料理の伝統や技法、食材などについて説明できるのでよろこんでいただいていま …続きを読む


“私”を見つめ直す場所。

41期生 岡田史織 L'atelier de SHIORI主宰

“私”を見つめ直す場所。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? ひとつの料理には、たくさんの歴史やストーリーがあって、それをその土地の風を感じながらたくさん学びたい。その願いは、たった2ヶ月という短い期間でしたが私なりにかなえられたと思っています。 SHIORIオフィシャルブログより わたしのイタリア料理修業。 料理の旅イタリア編2013 料理の旅イタリア編2012 イタリア語 …続きを読む


伝統料理を学び、イタリア料理の本質を探る。

2,3期生 志村和弘&玲子夫妻 志村和弘さん(トラットリアSerenaオーナーシェフ)
志村玲子さん(トラットリアSerenaオーナー、料理教室Studio Capra主宰)

伝統料理を学び、イタリア料理の本質を探る。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? お二人:1989年当時、日本でイタリア料理を食べられるお店は限られていたし、イタリア料理に関する情報も限られていたので、もう留学できたこと、イタリアに直接触れられたことが一番の思い出です。また自分の料理や接客に悩んだときに振り返る原点を自分の中に持てるようになったことがよかったことです。 留学の経験は現在どのように役に立っています …続きを読む


自分が作っていたイタリア料理は根本から覆された。

33期生 羽鳥雅晴 リストランテla passioneオーナーシェフ

自分が作っていたイタリア料理は根本から覆された。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? 自分の目標となる料理人に出会い、さらにその人の下で働くことができたこと。また現地の仲間との関係や一緒に留学した同期との関係など、一生の友人になったこと。ラクイラでの地震の被災地に学院スタッフと同期数名と共に炊き出しのボランティアに参加したことやシェフがプライベートでも可愛がってくれて、自家製生ハム作りに参加させてくれたり、クリスマスのホ …続きを読む


一生楽しめる世界の扉を開け。

14期生 角之倉真美 料理教室mignolo mignola主宰

一生楽しめる世界の扉を開け。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? ジャンルーカ校長が"私が一生楽しめる世界の扉"を開けてくれました。イタリアでの思い出は沢山あり過ぎて一つに決められませんが、イタリアに到着した日にジャンルーカ校長が作ってくれたパッパ・コン・ポモドーロを初めて目にした時の「何だ?この地味な料理は?」という気持ちと、それを食べた時に「滅茶苦茶美味しい!」と感じたときの気持ちと私たちの長旅の …続きを読む


短期留学は、イタリアーナへの近道。

高橋やすこ 料理教室Ottimo主宰

短期留学は、イタリアーナへの近道。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? 一般のイタリア旅行では、決して経験出来ない場所に参加できます。訪れた先は、全部ジャンルーカ校長先生の交流がある場所ばかり。 Mercato Ottimoホームページより: イタリア滞在記 トラブルや悩みはありましたか?どのように解決しましたか? 私ではありませんが、一緒にコースに参加したお友達の荷物が、到着したピサ空港で出てこ …続きを読む


厨房では、いじられ役に徹すべし。

37期生 菅野契也 リストランテil Pino勤務(イタリア・トスカーナ)

厨房では、いじられ役に徹すべし。

留学してよかったこと、一番の思い出は何ですか? 留学をきっかけに一人暮らしをし、自分のことも、仕事のことも視野が広がったのは、良かった。一番の思い出というように、一つに絞るのは難しいが、オーナー家族と一緒に、クリスマスや、休みの日を過ごしたことは、かけがえのない思い出。 トラブルや悩みはありましたか?どのように解決しましたか? 研修ということで、過酷なものになることも想像して …続きを読む


1 / 212

ページ上部に戻る トップページへ



flag