イタリア料理留学なら、ルッカ・イタリア料理学院。

03-4400-9878
【本科問合せ】03-6261-2341

イタリア料理留学・短期コース

1週間単位で参加可能!

短期間でイタリア料理の技術を含む食文化全般の習得を目指すコースです。
プロのシェフや女性料理研究家を招き、参加型の講習会形式で実習を行います。
調理実習のほかに、各種訪問・見学(ワイナリー、オリーブオイルなどの食材工場、市場、農園など)も行っています。
OLや主婦から、料理研究家、プロの料理人までと幅広く、まとまった時間が取りにくい方でもパスポートさえあれば気軽にご参加いただけます。


2015年度短期コース留学生、募集中! →お申込みはこちらから
  1. 2015年06月01日(月) ~ 2015年06月26日(金)
    ※期間を変更しました(02/16/2015)
  2. 2015年10月26日(月) ~ 2015年11月20日(金)

*期間は都合により変更されることがあります。詳しい事はお問い合わせ下さい。

1週間


180,000円(二人部屋)

2週間


350,000円(二人部屋)

3週間以上


1週間:
150,000円(二人部屋)

*個室を希望の場合は別途個室費が必要です。
*個室・二人部屋は料理学院での宿泊についてです(研修期間のみの利用)。
*航空運賃は含まれていません。

留学資格

調理経験ゼロ、イタリア語ゼロでも大丈夫!

  • 心身共に健康な方
  • イタリア料理、食文化を学ぶ意思がある方
  • 本プログラムの趣旨を理解した方

このコースのポイント

積極参加型の料理講習

レシピにそって毎日前菜からドルチェまで4~5品を学びます。実習はシェフを取り囲むような形で全員参加型の講習会形式で行い、調理のポイントを間近でその都度確認できます。火の通し方、火加減など、自分で調理していると気付きにくい部分を、直接見て、かつ、味見する事により、ご自宅で調理する際のベースを確立することができます。

日本語通訳

料理講習はイタリア語で実施しますが、日本人通訳が常に付くので、言葉の心配をせずに安心して授業に集中できます。またジャンルーカ校長は日本語が非常に堪能ですから、日本語でのユーモアも織り交ぜて楽しく授業を行います。

魅力ある講師陣

講師にはジャンルーカ校長の他にもマリエッラ副校長、ゲスト講師としてミシュラン星付きレストランオーナーシェフ、5つ星ホテルの総料理長、ジビエ専門店の女性シェフや料理研究家などを招き、イタリアの郷土料理から近代料理まで幅広くイタリア料理を学ぶ事ができます。

隠れた魅力
  • 外国からの参加者
  • 短時間で作るイタリア家庭料理の夕食作り

本学院では日本以外の参加者も多く、料理講習でのグループ作業を通して毎年参加者同士でお友達になり、お互いの国を訪問し合うなど学院をきっかけに交友関係を広げる方が沢山います。また、毎日の夕食作りでは、短時間で作るイタリアの家庭料理を学ぶことができるので、とても好評です。

学院研修の1週間


9:3013:00 料理講習 終日自由行動
15:3018:30自由行動

平日 9:30~13:00
料理講習
前菜からドルチェまで4~5品のフルコース料理や郷土料理から近代料理まで幅広く学びます。
平日 15:30~18:30
自由行動
基本的に自由行動オプションでイタリア食文化を体験する社会科見学を行います。
週末(土・日)
終日自由行動
オプションでイタリア食文化を体験する社会科見学を行います。普段個人では訪れにくい場所や施設を訪問し、イタリアの食文化に直接触れる貴重な経験になります。
例)スローフード協会のフェスタへの参加、スローフード協会認定食材の生産地訪問 (ラルド、スペルト小麦など)、チーズ工房見学、ルッカ近郊のワイナリー見学と試飲、トリュフ取り、近郊主要都市の名所および料理関連施設訪問など

*週末二日間は自由研修日です。学院にてオプショナル参加ベースの外部見学コースを企画するか、適宜情報提供します。

イタリア食文化実地見学(オプション)

オプションでワイナリー、オリーブオイルなどの食材工場、市場、農園などの見学ツアーを組み込むことができます。
実際のイタリア食文化を体験することにより、より深くイタリア料理を理解することができます。
注)実施日程は現地で調整します。

ワイナリー見学

イタリアワインは自国消費が80%を占め、日本に輸出されずにイタリア国内で消費される美味しいワインが沢山あります。
ルッカ近郊のそれらのワイナリーを訪れ、その土地の料理と共に堪能します。ワインと料理の密接な関係を実際に体験します。

トスカーナの秘境:スローフード運動の最前線

ルッカから北へ1時間ほどの山間部にある、ガルファニャーナという村のオステリアを訪れます。
このお店で提供される食材は全てこの村で生産されたものです。地元の食文化を守るための精力的な活動を目と舌で味わいます。

トリュフ農家でトリュフ狩り

サヴィーニ氏と愛犬のジョットは世界で最も大きいトリュフを掘り当てたパートナーです。
二人と一緒にトリュフを掘り当て、狩りの後はトリュフ尽くしの料理を味わいましょう。

ページ上部に戻る トップページへ


卒業生の声


flag